堺で販売された包丁

堺で販売された包丁を買う!


新しい包丁を堺で購入したいと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。
堺の包丁といってもさまざまな商品が販売されていますが、どんな種類があるかを学んで、自分に合った包丁を選ばなければなりません。

まず、包丁の種類には次のようなものがあります。
三徳包丁、牛刀、ペティナイフ、小出刃、菜切り包丁、中華包丁などです。
製造方法はいろいろなものがありますが、和式法が一番切れ味が良いといわれています。

ちなみに料理の鉄人で使用されていたのは堺の包丁でした。
包丁の選び方は人それぞれですが、日本人が選ぶ場合は、日本のメーカーの包丁を選ぶのが賢明です。
その理由は、日本の刃物の技術が世界的にトップクラスであること、日本人に使いやすいまた馴染みやすい庖丁でなければ、疲れやすくなるからです。

庖丁は良い商品を買えば長持ちしますが、粗悪品を買えばすぐに質を落としてしまいます。
もちろん日本メーカーのものでもいろいろな商品があるので、よく見極めるようにしましょう。
庖丁の長さもいろいろなものがあることを知っておきましょう。

180mmから、210mm、240mm、270mm、300mmまでがあります。
180mmは、女性向きで小回りが利きやすいことが特徴です。
210mmは、一般的なサイズです。

バランスのいい能力を備えており、小回りの良さもあり、大きなものも切りやすくなっています。
240mmは、やや大きめのサイズでありながら細かい作業もこなせるのが特徴です。
慣れない人には大きく感じますが、使いこなせば便利なサイズです。

270mmは、家庭的ではない大きなサイズが特徴です。
いつも使用するタイプではありませんが、1本あると便利です。
300mmは、学校の給食など規模の大きな調理場で使用されるサイズです。

家庭で使用することはあまりないでしょう。
庖丁の価格帯についても調べておきましょう。
庖丁は一番安い価格帯では、ホームセンターなどで1000~3000円ほどで販売されています。
これが最も低い価格帯ですが、4000円以上になると品質がよくなっていきます。

高いものになれば一本数十万円に及ぶものもあります。
価格帯はピンからキリまでありますが、4000円のラインが一つの基準になります。
庖丁を長く使い続けるためには、定期的に研ぐことが必要になります。
庖丁を研ぐには磁石が一番といわれますが、磁石が面倒な場合は、庖丁研ぎ器やシャープナーを使用することができます。”